明日から本気出す!

【明日から本気出す】 このブログは、思ったこと感じたことを書く雑記ブログです

自分のペースで仕事したい

こんばんは。あっきーです。

 

 

あなたは、今の仕事向いていますか?

 

私はあまり向いていない仕事を11年ほどやっていますw

 

初めは小さな違和感でした。

いや、バイト時代から分かっていました。

仕事をするときにどーしても譲れないことがあったんです。

 

 

 

それは、自分のペースで仕事に没頭したい

 

最近まで自分の善悪フィルターを通して物事考えて否定してしまっていたので、

みんなでやっているのに自分のペースでやるなんてダメだって思っていました。

 

だけど、我慢できません。

 

やっぱり自分のペースで仕事に集中して没頭していたい。

いい仕事したい。

 

とはいえ、いきなり正社員の仕事をやめても食っていけないんで、仕事をしながら独立をしようって思います。

 

そう考えて昼間の仕事をすっと辞めるんじゃなくて今すぐできることからやろうって思い、アイディアを考えました。

 

アイディア

○連絡を全てメールで返してみる。

○自分にくる問い合わせを分析してQ&Aを作って社内共通フォルダーへ張っておく

○いつなんの作業をやるかざっくり作業時間を決めておく

○今までの仕事内容からわかる限り優先順位を設定しておく

 

やってみて全てメールで返すのは文章力もついていい練習になりました。

 

そのほかも試していってみます。

 

さて、次はきたる独立についての行動です。

 

今考えているのは、ライターです。

なぜライターかというと消去法ですw

 

今まで独立しようと思い、いろいろ試してはうまくいきませんでしたw

 

今までやったこと

プログラマー →算数嫌い

○デザイナー → 細かいこだわり苦手、操作方法わからない

○動画クリエイター → 技術詰め込みすぎて追いつけなかった

○イベンター → そもそも人と関わる仕事したくない

 

 

次こそは!w

 

ライターの仕事もまだわかりません。

ただ、やってみようと思います。

 

ではまたー

 

 

 

良い悪いってなんなんだろう?

こんばんわ、あっきーです。

 

物事の良い悪いってなんなのか?考えたことありますか?

 

そんなものはないっていうのが僕の考えです。

 

なぜかというと、物事に対する受け取り方、見方って人それぞれだからです。

つまり、自分の育った環境、周りの影響で変わってくるのでみんな共通のものなんてないんです。

 

子供頃に親やTV、インターネット、本から受け取った情報を元に形作られる価値観。

 

それが良い悪いの判断基準になります。

 

例えば

 

不倫はいけないって価値観があります。

それって万人に共通でしょうか?

 

違いますよね。

 

だって、やってる人いますよねw

 

もちろん、その中には悪いと思いながらしている人もいますが、

悪いと思っていない人だっています。

それに世界では、一夫多妻制だってあります。

 

人は誰しも違う価値観を持っています。

 

良い悪いだって人それぞれです。

 

まぁ、僕は自分の正しさ、良い悪いを何としても押し通したいので、

他人にも押し付けます。

それが無理な人はいなくなってくれれば良いって思っています。

 

自分が我慢してまで誰かの価値観に振り回されるの嫌ですし。

自分勝手でいいじゃないかって考えています。

 

そんな自分を受け入れてくれる人だけ残ってくれればいい。

 

その環境が一番自分が求めているものだと思うから。

 

ではではー

イライラの正体

こんばんはー

あっきーです。

 

自分のイライラしてしまう気持ちの正体がわかってきたので書きます。

 

それは自分の正しさが侵害されてしまっているからでした。

 

僕がイライラするのはこれでした。

正しさ、とはいえこれは自分の中の正しさです。

 

もちろん親からの教えの影響もあるので、世間的な正しさも一部あるとは思います。

 

ただ、大部分が自分の中での正しいことを他人にも求めてしまっているから苦しかったんです。

 

 

僕の中の正しさ例

○電車の椅子に荷物置かない

○電車や順番待ちしているところに横入りしない

○間違えをしない

○新しいことをする時には事前に相手に連絡をする

○間違ったら謝って相手に最大限の対応をして迷惑をかけないようにする

 

 

などなど

 

あげればきりがないのでこの辺できりますw

 

こうやってみてみると、電車で席に荷物置かないとか自分でもなんでみるとイラつくのか正しくないって敵視してしまうのかわからないものもあります。

 

そんなに気にしなくていーじゃんって思える人いたらそっちのがいいと思います。

 

こーゆー変なところにこだわりを持ってしまい、相手にも求めてしまうところが生きづらくなっているのかって思います。

 

イラっとするポイントって自分はこーやっているんだからお前もやれよって押し付け、

他人もこうするだろうって勝手な期待をしてるからです。

 

だから、自分の正しさっていうのが本当は自分が勝手にやっていることで、

自分ルールでしかないんです。

 

そんな自分ルールを自分が勝手に守っているだけなんです。

 

それを誰かに押し付けることなんかしなきゃいいんです。

 

正直誰もあなたのルールなんて知りませんw

みてもいません。

 

だったら、本当に自分ルールが守らなきゃならないことなのか?

大切にしたいことなのか考え直してから行動することでイライラの気持ちも変わってきます。

そんなに気にしなくてもいーことじゃんって思えればもうその自分ルールは撤廃しちゃっていらないものはどんどん無くしていくと本当に大事なものが残ってスッキリした状態になるのでイライラがなくなっていきますよー

 

 

ではではー

 

 

 

 

 

 

 

かがみの孤城感想(ネタバレあり)

f:id:roto48:20190918134832j:plain

 

 

2017年発売した鏡の城を読了しました。

 

感想は、まず素直に読んで良かったなって思いました。

 

ラストの謎が一気に溶けていくところはワクワクしてどんどん読み進めていけるところが特に好きです。

 

表紙と題名がファンタジー好きな僕としてとても惹かれて読み始めましたが、

最初〜中盤くらいは正直つまらなくて途中で読むのやめていました笑

 

話の内容は、中学生の女の子が主人公で学校にうまく馴染めず、家にいるとへの鏡が突然光り、その光の中には大きな城があり、狼のお面をかぶった女の子がいて自分以外にも学校に行っていない少年少女が合計7人集められてなんでも願いの叶う部屋とそこへ入るたの鍵を来年の3月までにやることができるという話だ。

 

話が進むうちに主人公の女の子こころ以外にもみんな色々な都合で学校に行っていないことがわかり、自然に打ち解けていくんだけど3月という終わりが近ずくにつれ現実世界でもみんなにあってお互い助け合うことができるんじゃないかって話になり、

同じ日に学校へ登校したが会えない。

 

みんな学校へ行っているのに会えない。

 

ここを読んだ時時間軸が違うんじゃないかった僕は思いました。

 

だけど、7人の一人がパラレルワールドだから会えないんだ!って話になりそれもあるなって思いました。

まぁ、結果からすると僕の考えた通りお互い生きる時間軸が違っていたからだったんですが。

 

パラレルワールドの考えも面白いなって思ったけど、時間軸が違うだけならみんなで会うこともできるできるからそっちの方が僕は好きです。

 

3月が近くなるにつれこころの問題は解決に近付いていきます。

母親、こころの教室喜多嶋先生のおかげで。

 

子供の頃って学校がその子の世界の全ていう考え方は僕も共感しました。

みんなできているのになんで自分だけうまくできないんだろう?とかみんなうまく合わせないととか一緒にいないと省かれるとか。

今は、忘れていましたが当時はこころのように自分も考えて戦っていたと思いました。

クラスの中心人物たちと戦い、ただ誰かの力を特に親や大人に頼ることがダサいと考えていたところも同じでした。

 

でも、自分一人じゃなくて本当は仲間がいてくれたらどんなにいいかなって思いもよくわかりました。

 

一人より誰かと一緒にいるとここにいていいんだって気持ちになり認められた気持ちで所属感を満たすことができます。

 

城が閉じる最後の日の前日に事件が起こり、城で異変が起こります。

 

ここからのラストまでのドタバタがすごく面白いです。

 

城でのルール、夕方の5時前には必ず家に帰ること。

 

そのルールをアキという女の子が破ってしまい、連帯責任でその日城を訪れていた5人が一緒に狼に食べられてしまいました。

 

狼が丸呑みにしたって書いてあったけど実際どんな絵図らなのかは実写とかアニメ化したときに見てみたいなって思いました笑

 

そこで5人が食べられた場所でみんなの思い出とかがこころの心に流れてきて追体験していくうちにこころは気づく自分たちが別の世界ではなく別の時間軸から来ているのだということに。

 

ここは伏線の回収がすごく上手いなって思いました。

途中で話に出ていた細かなあれ?っていう描写が想像できてあの時の違和感はこれだったんだって思い出せました。

 

みんなの力を借りてこころは願いの鍵が隠された大時計の中で願いの部屋へ行きアキをみんなと連れ戻します。

 

ルールその2 願いを誰かが叶えるとみんなの1年間城で過ごした記憶はなくなる

 

そのあと、みんながどの時代からきたのか年表を書いていくと一番過去の人と未来の人出が40年以上開きがあることがわかります。

 

これじゃあ記憶ないと街ですれ違っても分かるわけないですよね笑

接点も持てなさそうだし。

 

エピローグでは、こころを助けた喜多嶋先生の正体が明らかになります。

 

喜多嶋先生は、城で一緒だったアキが大人になって結婚した姿でした。

そこで、お互い記憶はないけど会うことができたのには鳥肌がたちました。

 

さらに、一瞬鏡中学生姿のアキとこころが写っていたという描写もすごく好きでした。

 

やっと会えたね。

 

アキはその後こころの後に生まれたウレシノとマサムネのことも救っていました。

 

「私たちは助け合える」

 

それがたとえ記憶がなくてもまた再会できて助け合うことができているという最後の場面は感動しました。

 

学校に馴染めなかった子たちは他のことは違うけど、それが悪いことじゃなくて

その子たちが悪いんじゃなくで単に合わなかった、違っただけっていうことが伝わりました。

後、人は一人じゃない誰かがいる。

人に助けてもらうことが悪いことでもダサいことでもないんだよってことをこの本を読んで感じ、自分ももう少し自分のことだけじゃなくて周りのことも考えていきていこうって思わせてくれる1冊でした。

 

 

 

 

思い出のあけぼの公園

f:id:roto48:20190918130923j:plain

 

 

埼玉県にあるあけぼの公園<ムーミン公園>に久しぶりにいってきて思った。

 

ここにいったのは最初が3年前当時付き合っていた彼女と二人でいった。

その時は、押上に住んでいた俺の家から行って、昼に梅干しラーメンを二人で食べてから向かった。

 

押上からだと結構距離があって遠かったけど西武池袋線元加治駅についた時のどかな昼過ぎの景色がとても懐かしく感じた。

 

そこからサービス開始されたばかりのポケモンGOをやりながら二人で歩いた、

途中ジムを見つけてシャワーズでボコボコにしたりした笑

 

そんな俺に付き合って歩いてくれた彼女

 

あけぼの公園に着いてから写真もたくさん撮った二人が写っている写真。

 

笑顔の彼女

 

俺に付き合ってこんな遠くまで一緒にきてくれたことが本当に嬉しかった

 

時間が止まればいいって思った

 

ここまでの回想が駅に着いて歩き出す時に思い出された

 

f:id:roto48:20190918131048j:plain

 

2年前来た時にはもう彼女はいなかった

 

代わりに別の彼女が俺の隣にいた

 

同じドラクエが趣味で一緒にドラクエ10をやったりもしたし仲は良かったけど、寂しさを埋めるために付き合っていたんだと思う

 

その子との思い出はあまりにない以前の彼女と比べてしまっていた、

一緒の時間をたくさん過ごしたかった俺と違い自分の時間を取ることが多かった彼女とうまく付き合えなかったのも無理ない。

 

言葉は悪いけど代わりでしかなかった。

 

本当に申し訳ないことをしたと思っている

 

ごめんね

 

そんなことを回想してあけぼの公園の近くまで歩いてくると、また思い出す3年前に確かに隣にいた彼女のことを。

 

そして思う。

ああ本当に好きだったんだなって

今の素直な気持ちとして、あの頃は楽しかったし素敵な時間を過ごせて俺の人生の中で大きな意味がある時間だと思う

 

だから、結果がうまくいかなっかったけど、あの時間は無駄じゃないと思うし、

またあの時間を体験できるならしたいと思う。

 

それは、あの子とまたやり直したいということじゃなくてあの頃の思い出に浸りたいだけ。

 

ただ、最後の別れかたがもやもやするからちゃんと話して終わりにしたい。

またあったら謝りたいな。

あの頃自分のことばっかりで話を聞こうともしなかったことと話し合いの話をしようとも言えなかったことを。

まず謝りたい。

 

それといきなり出ていかなければならないくらい追い詰めてしまったことを

本当にごめんねって。

 

そうか、俺はあの子をもう許している。

勝手に出ていった時はショックだったけども今結婚して思う。

 

君とも和解したいんだって。

伝えたい。

 

ごめんね、素敵な思い出と楽しい幻想的な時間をくれてありがとう言いたいんだ。

 

たとえ君がもう俺のことなんか覚えていなくても俺は覚えていくよ。

 

そう3年くらいして思えるようになった、再びあけぼの公園にいく道すがらやっと消化できそうだよ。

 

ちなみにあけぼの公園はお休みで入館できずとんぼ返りだったけど色々考える時間がもらえて無駄じゃなかったなって思った。

 

 

充電しないと死ぬ…

こんばんは、あっきーです。

 

ここ最近、ゴールデンウィークのちょっと前くらいから仕事もプライベートもやる気出なくて、全て投げ出して旅にでたいって思ってました。

 

この感じは充電切れの状態です。

 

前にも何回か充電切れになってましたが、切れるとホントに動けなくなるから大変です。

 

充電切れるとなる状態

●やる気でない

●全てを捨てて旅にでたくなる

●無性にひとりの時間を欲しがる

●疲れやすい

●思考が鈍る

 

これは、充電しないから充電切れになってる状態です。

 

この状態になるとなかなか復活できません。

 

だからならない為にも自分の充電をしないとなんです!

 

私の充電方法

○ひとりの時間を作ってノートに頭に浮かんだことや考えてること、悩みや問題を書きまくる

○沖縄に行く

○旅行をする

○だらだら動画を見まくる

○寝る

 

旅行はすぐ行けないんで、動画を見まくるかノートに書きまくるか寝る時間を増やす。

これが今のところの充電方法です。

 

【エネルギーを消費しやすいこと】

せっかく充電しても携帯のようにエネルギーは毎日消費されます。

何で消費されるのか?

 

僕の場合、

◆新しいことをやる←主に仕事などやらなければならないこと

◆嫌な人と関わる

◆嫌なことをする

◆他人と喧嘩する

◆人の話を延々と聞かされる

◆ひとりの時間不足

 

ひとり暮らしの時に比べて充電切れになることが増えた気がします。

 

大好きな彼女だけど、ひとりの時間がなくなるとエネルギー消費が早いです。

 

毎日充電をしていきます。

 

あなたの充電方法もおススメがあれば是非お聞かせ下さい。

 

 

好きなことを仕事にしないと生きていけない

こんばんはー。あっきーです。

 

あなたは、自分の仕事を好きでやっていますか?

 

私は、今の会社での仕事が好きでやっていません笑

 

多くの会社員の人に、日曜の夜憂鬱になるサザエさん現象があるように、

やりたくないけど、生活のためやっている人多いと思います。

 

私を含めそんなあなたがこれから先、生きていくのに、

しなければならないことがあります。

 

 

それは、好きなことを仕事にすること

 

 

そう、好きなことを仕事にして嫌でやりたくないと思っている仕事をやめようってことです。

 

なぜ、好きなことを仕事にすることがこれから生きていくのに必要なのかというと、

嫌々やっている人だと仕事を続けることができなくなってしまうから。

 

その仕事が好きで好きでたまらない人と嫌々やっている人では仕事の成果、サービスの質、能力も大きく差が出てきます。

そんな時、あなたが雇う側の経営者やお客さんだったらどっちを選びますか?

 

私なら、好きで好きでたまらない人を迷わず選びます。

 

嫌々やっている人は、好きでやってる人と比べて、仕事に対するマインドが低く、言われたことしかやらない、トラブルや面倒ごとには極力関わろうとせず、

ただ時間だけ過ごして給料をもらおうとします。

 

一番いけないのが、成長しないことです。

仕事をしていると色々問題や壁がでてきます。

その時に、好きでやっている人は、どうしたらこの問題を解決できるだろうか?と考え行動して、成長をします。

 

だけれども、嫌々やっている人は、大きな壁があると挫折してしまい、

諦めてしまいます。

諦めて現状維持しようとしている人から周りのレベルについていけず、脱落してしまいます。

 

その結果好きでやっている人が残り、嫌々やってる人は消えて生きます。

 

売店の販売員を見ていると、すごくわかりやすいです。

先週、ユニクロヒートテックを買いに行った時に、レジが2つあり、店員は2人いました。

1人はつまらなそうな顔した日本人。

もう一人は、笑顔が眩しい外国人。

 

つまらなそうにしている日本人の方には列が少なく、笑顔いっぱいの楽しそうにレジ打ちしている外国人には列ができていました。

そして、笑顔いっぱいの外国人は、接客態度もとても良くて隣のつまらなそうな日本人と比べると一目瞭然でした。

 

好きなことなら、退屈なことも楽しくできてどんどん極めていけるから成長して仕事のクオリティーも上がり、人財として価値も上がります。

 

だから、あなたも好きでもない仕事はさっさとやめて、好きで好きでたまらないこと仕事にしていくとあなたも幸せになり、社会にも貢献できていいことばっかりです。

 

ぜひ好きなことを好きなだけして楽しい人生にしましょ🎵